地方の競馬ファンは知らない!?横浜競馬場跡とは

根岸森林公園はファミリーで楽しめる観光スポット。

神奈川県在住の方はもちろんのこと、首都圏に住んでる方なら訪れたことある方は少なくないでしょう。

しかしながら、西日本にお住まいの方はほとんど横浜競馬場跡(根岸競馬場跡)のことを知らないのではないでしょうか?

じつにもったいない!

ファミリーだけでなく、競馬ファンにとっても聖地のひとつ。

ちなみにタイトル通りなんですが、

地方競馬のファンは・・・ではなく、地方にお住まいの競馬ファンに向けて書いた記事です。

どうでもいいけど。

根岸森林公園で思いをはせる

 

広々した緑地がとても気持ち良い所です。

周遊ロードは一周1.5kmほどでランニングやウォーキングにも最適。

天気が良い日は家族連れやワンちゃん連れの人達で賑わいます。駐車場は満車時の入場待ちは出来ないので特に混む十時から昼過ぎまでは注意が必要です。

とくに桜の季節は花見客で混雑します。

人や車が少ない時に行った方がストレスなく楽しめます。

公園のご紹介 – 根岸森林公園オフィシャルサイト

エレベーター棟は廃墟スポットとしても有名!

根岸森林公園内に残る根岸競馬場一等馬見所跡。

一見の価値どころか、何度みてもその異様さと圧倒的な存在感に感銘を受けることでしょう。

【路上感撮】そびえ立つ古城

 

馬の博物館もある!

 

競馬ファンならずとも一度は訪れてみたい観光スポットです。

JR京浜東北根岸線根岸駅、山手駅より徒歩15分。

有料駐車場あり。1977年に開苑。入館料は大人100円。

1866年から根岸競馬場で洋式競馬が行われ、1942年まで76年間、洋式競馬が育った歴史に対する理解がとても深まります。文具やTシャツ、トートバッグ等のオリジナル商品も販売されています。

 

新型コロナの影響で休館してる恐れがありますので、公式サイトでご確認ください!

馬の博物館 – 公益財団法人馬事文化財団

ポニーたちが常駐してます。

 

2009年天皇賞(春)を12番人気で勝利したマイネルキッツ号はここにいます!

 

期間限定で企画展やテーマ展などが催されてます。

 

馬って桜の花も食べちゃうんですね!馬肉は桜肉といわれてますが、そこじゃない。

おすすめ