第56回札幌記念G2は荒れるのか?

今年もフルゲートにはならないし、別定戦ということもあってたいして荒れない気がする。

それでも人気薄の流れ込みはあるかもしれないので、前走5~7着だった馬だけをよくみてみよう。

ちなみに、それらを人気馬と比較しないことがポイント。

比較してしまうと、人気馬の方が強そうに見えてしまうからね。

札幌記念の傾向

過去10年の1~3着まで馬番を確認してみた。

  1着 2着 3着
第55回(2019年)
第54回
第53回
第52回
第51回
第50回
第49回
第48回
第47回
第46回(2010年)

過去10年で3回以上馬券に絡んだ馬番。

⑤⇒5回

②⇒4回

⑧⇒3回

⑩⇒3回

⑬⇒3回

 

奇数と偶数どっちが多い?

奇数⇒16回

偶数⇒14回

ほぼ互角。ということは、悩んだら偶数を選ぶと思う。

なぜなら馬番は①~はじまるので、出走頭数の割合は奇数の方が多いはず

 

過去10年で一度もきてない馬番

⑦(第43回2着が最後)⑫(第36回3着が最後)⑯(第24回2着が最後だが出走頭数が少ない)

 

もし下に挙げた馬が⑦か⑫に入ったら、迷わず選択肢から外すと思う。

逆に⑤は狙い目か。

前走5~7着の馬はこれだ!

③トーセンスーリヤ⇒前走宝塚記念7着。新潟大賞典を勝利してるがコース形態が違いすぎてあてにならない。右回り2000mの目立った実績がないので不安すぎる。

⑤ルミナスウォリアー⇒前走札幌日経OP7着。今年はダートをメインに使ってる。函館記念を勝ったこともあり、重馬場になれば軽視できないが9歳では・・・。

⑥ラッキーライラック⇒前走宝塚記念6着。大阪杯G1を勝ってるので実績に関しては申し分ない。間違いなく人気するので、買う気になれない。

⑦ブラックホール⇒前走ダービー7着。この時期の3歳馬はグンと成長してる可能性もあるが、実績だけをみるといまいち。2000mの良績がないのはネックだ。

⑧カウディーリョ⇒前走函館記念7着。目立った実績がなく、小倉のオープン勝ち(関門橋s)がある程度。さすがにここで狙う気になれないか。

 

この中で選ぶなら⑥ラッキーライラックだ。

実績が抜けてるし騎手も信頼できる。

しかし人気するので、観るだけにしておいたほうが賢明かも。

複勝で110円とかだったら馬鹿らしくて買えないよ。

 

結果と考察

結果

①→②→⑥

ラッキーライラックは3着。

予想通り複勝110円だったから笑ってしまったよ。

「観るレース」ということで正解だったと思う。

 

おすすめ